材料の良し悪しを伝えよう

玄繕日記

玄関の汚れがケルヒャーを使っても全然落ちない。と連絡がありテストに行ってきました。

テラコッタ:土を焼き固めたもの

このテラコッタという材料はよくあるタイルとは違い釉薬を塗り焼き固めたものではありません。通常釉薬が焼かれたものは硬いガラス膜のようになり汚れが入りにくいものが多く見られます。

対比して、テラッコタは素焼きです。ナチュラルなものを使用していますので汚れたり、欠けたりしていく様を味といい自身の成長と共に1日1日と使用していくような感じです。私はナチュラルで優しい風合いが続くテラコッタが好きです。素焼きでしか出せない雰囲気がありますよ。

ですが、平たく言うと吸水性が高く、汚れが浸透しやすい材料になります。
*否定している訳ではありません。

デザインや色合いの相談で依頼主の要望通り施工するのも大切ですが、材料に特徴があるなら、伝えることが必要ではないでしょうか。

性能もデザインです。見た目が良くてもめちゃくちゃ滑る床、かっこいいけどすぐ傷付き自分では直せないもの等見た目重視のデザインで悩んでいる人もいます。

性能が分かっていれば対応もできます。石やタイルでお困りごとはご相談ください。LINE相談無料にて承っています。

最後になりましたが、テストでバッチリキレイになりました♪

関連記事