未分類 玄繕日記

はつり

斫=ハツリ。主に建設現場でコンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面を削ったりすること。人力によって行われる規模の作業を表すことが多く、重機械によって建物そのものを取り壊す場合はコンクリート造であっても斫りとは呼ばず、解体工事に分類される。

未分類 玄繕日記

最新topic 石の生かし取り

建築用語では『生かし取り』という言葉があります。現在使用している古材を再利用できるように生きた状態で剥がすことを言います。本来の住宅だと家の梁や柱など生かし取りになります。弊社は石の専門家です。もちろん石の生かし取りを行なっています。石の表面を傷

未分類 玄繕日記

洗剤の選び方『酸性・中性・アルカリ性』

石の掃除の考え方についてお話します。洗剤は酸性・中性・アルカリ性と明記されていることは知っていますよね??pH7が中性です。数字が低くなると酸性になり数字が高くなるとアルカリ性になります。汚れは染みるとなかなか取れないですよね。適応する洗剤を使い綺麗にしましょう

石材が活躍するこんなところ

時代の色

石の流行り時代によって流行りの石があります。流行りの服や歌がある様に石にも流行りがあります。≪蛇紋石≫大流行した石の一種です。蛇紋石は翡翠を含んでいることが有り、綺麗な緑色の石です。緑色の石はその当時から珍しかったのでしょうね。今でも多

石材が活躍するこんなところ

石材はどこから生まれるのか?Part1

石の産地 福岡県京都郡みやこ町犀川普段様々なところで目にする石材はどこでどのように生まれているのか実はあまりよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?マインクラフトというゲームをプレイされたことがある方なら「地面を掘ったら出てくるんでしょ?」と思うかもしれません。

玄繕日記

玄繕(げんぜん)の石材を知る Part3 人工大理石と人造大理石

近年住宅設備メーカーのショールームなどを訪ねると、キッチンやユニットバスなどに使われる素材として人工大理石や人造大理石名をよく見かけます。これらは呼び方が違うだけで同じものと思っている方も多いのではないでしょうか。実はたった一文字違うだけで素材としては全くの別物です。特

玄繕日記

補修やを目指す人へ

補修の違いを知る補修やという仕事をご存じですか?まだまだ、知らない方が多くいる業種です。補修の対象としては、木、サッシ、畳、石、ガラスなどがあげられます。では、補修やとはいったいどんな仕事なのか?建造物の傷や凹みの修復が主になりなす。中には弊社のような石だけに特化した専

玄繕日記

石の光沢の作り方(研磨)

丁寧に順を追うことが大事テーブルやイス、窓ガラス、車。素材によって光沢の違いはありますが、モノには光沢があります。流行りの艶消し(マット)も低い番手で揃えています。石も光沢があります。本磨き、水磨き、と仕上げによって光沢は異なります。石材では#6000〜#1

未分類 玄繕日記

足の折れた梟?!

 先日、置物を修理しにいきまた。私の仕事は石(主には建築石)の補修・修復になります。職人業界ではまだまだ子供ですが、15年の経歴になります。数々の試練を乗り越えてきている。と自負していたのですが、なんと足の折れた梟は宝石でできていました。翡翠ーヒスイー英名【Ja

DIYでやる!石材メンテナンス

DIYでやる!石材のメンテナンス Part3大理石のマット加工

大理石は光沢が美しい健在と思われがちですが、近年石業界ではマット仕上げがブームになりつつあります。マット仕上げは落ち着いた雰囲気を醸しながら傷などが目立ちにくいというメリットがあります。今回はホームセンターで揃う道具のみでマット加工の手順をご紹介いたします。準備するもの